FPことファイナンシャルプランナーの働き方は企業系・独立系に分かれる


知って得するファインナンシャルプランナーの働き方とは?

ファインナンシャルプランナーは、保険や銀行、証券会社などの企業で働く企業系ファイナンシャルプランナーが多いのですが、今では独立開業する、独立系ファインナンシャルプランナーも 増えはじめてきました。
これらの働き方は企業に属しているか、何処にも属さないで仕事しているか、
だけの差になりますが、収入面では独立系ファンイナンシャルプランナーのほうが可能性は高いと思います。

というのも独立系ファインナンシャルプランナーは、様々な保険会社や金融会社と提携を結んで、 顧客の目的にあった商品はもちろんのこと、その他にも税金や年金関係などあらゆる側面から 顧客の要望に応えることが出来ます。
つまり顧客のニーズに合わせたサービスや商品を提案できるということです。
一方企業系ファインナンシャルプランナーは、どうしても限られた自社の商品だけとなり、 顧客の目的に合わせられない場合があります。
又独立系ファイナンシャルプランナーは、セミナーや講師などの需要が高い仕事を 請け負うことも出来るので、仕事の幅が広まります。
このようなことが差となり収入の開きが出てしまいます。

もちろん企業系ファインナンシャルプランナーは、毎月安定した給料と福利厚生が完備されている環境で仕事が出来る優位性はあります。
今経済不況で雇用や給料が安定しにくいといっても企業に所属していたほうが、
安心感は あると思います。

しかしファイナンシャルプランナーは日本に根付いてままだまだ新しい資格です。
故に独立開業している人もまだ少なく、その分可能性も大いにあります。

現にファイナンシャルプランナーの特性を活かし、独自のサービスを展開することで、
年収1千万円と稼ぎ出している人はたくさんいて、その数は皆さんの想像以上に 多いと思います。

今のご時勢、先が見えない時代ですので、どうしても安定を求める人が 多くなることは
仕方ありませんが、 だからこそ独立開業することに可能性が広まってくるのではないでしょうか。

これは私の勝手な思いですが、ファイナンシャルプランナーの資格を最大限活かすのなら、 まず企業に就職して、仕事のノウハウを身に付け、人脈を作り、その後独立を 検討するのも良いと思います。 どちらにせよ将来の可能性が高い資格であるということは言えます。

FPコンテンツ一覧

通信講座人気ランキング

フォーサイト
DVD講義と質の高いテキストは業界TOPレベル!それに加え驚く程の低価格!詳しくはここから

ユーキャン
わかりやすいテキストと受講料の安さで話題に!CMで抜群の知名度を誇る!詳しくはここから

TAC
受講者のレベルに合わせた講座を用意!通学校として有名!詳しくはここから