FPことファイナンシャルプランナーの仕事の最大の特徴


コレだけは知っておきたいファイナルプランナーの仕事!

ファイナンシャルプランナーとは様々な仕事を行いますが、 一言で言ってしまえば、
金融の専門知識を活かして、顧客のライフプランを豊かにすることです。
その中身は、年金・保険、住宅購入資金やローン、金融商品の運用、
教育ローンの相談、 これらを総合したライフプラン(生活設計)などの相談などになります。 つまりこれから生きて行くために必要だと思われる金銭的なことについてアドバスしていくのです。

具体的には例えば、仕事を退職後、豊かなセカンドライフを送るためには、どのくらいの資金が 必要か相談したいとします。 そのためには、国から支給される年金、企業年金、
もしくは民間の個人年金などの 金額を算出すれば、毎月どのくらい貰えるかわかります。 ただ普通の方は、中々年金だけでは生活していくのが厳しい時代になりますので、
貯蓄が必要です。 そこで老後を安定させるためには後いくら必要で、
今からいくら貯蓄しなければならなくて、 どのような方法で貯蓄していくかを
専門的な知識を用いてアドバイスしていくのです。

これは一見単純そうに思われるかもしれませんが、そこには複雑な法律が絡み合ってくるので、専門的な知識がなければ出来ないことです。
年金は頻繁に法改正が行われますし、これからもその傾向が続いていくと思われます。 又貯蓄といって現状の支出を考慮しなければならなく、そこには住宅ローンや教育ローン、保険関係など複雑な仕組みが混在するので適切に支払われているかも考慮しなければなりません。 このように全てのことをトータルして考えなければ、顧客が求める目的には達しないのです。

ちなみに現在は、不況の影響で給料がカットされ住宅ローンが払えなくなり、その相談が増えているそうです。 これに関してもファイナンシャルプランナーは数多くあるローンの種類の中から、 現在の経済状況、収入など考慮して最適な方法を選択することが出来ます。

ここまで説明したのは、ほんの一部ですが、顧客のライフプランをサポートしているのです。 ですので、ファインナンシャルプランナーとは、何も保険の提案だけをしているのではありません。 あくまでも顧客の将来の生活を安定させ、豊にすることが目的なのです。
そのためには様々な角度から知識が必要になりますし、顧客からの信頼も必要となります。

ファインナンシャルプランナーの資格は、仕事の面でももちろんですが、自分のためにも 必ず必要となってくるので、少しでも興味があれば勉強するだけでも 将来に役立つと思います。

FPコンテンツ一覧

通信講座人気ランキング

フォーサイト
DVD講義と質の高いテキストは業界TOPレベル!それに加え驚く程の低価格!詳しくはここから

ユーキャン
わかりやすいテキストと受講料の安さで話題に!CMで抜群の知名度を誇る!詳しくはここから

TAC
受講者のレベルに合わせた講座を用意!通学校として有名!詳しくはここから